スペインバーチャルツアー・バルセロナ「カテドラル」

スペイン

「バルセロナ大司教座が置かれている大聖堂」

聖人サンタ・エウラリアの祀られているカテドラル

◆バルセロナの大司教座をもつカテドラルは、ゴシック地区のシンボル。

その、厳格で荘厳な雰囲気を持ちあわせた美しい大聖堂に祀られているのは、バルセロナの守護聖人サンタ・エウラリア。

展望台へ上れば、サンタ・エウラリアの像が手に届くところに見えます。

訪れる者を圧倒するカテドラル内部と絶景が広がる展望台。感動すること間違いなしです。

◆参考にしたサイトのURL

- Wikipedia
サンタ・エウラリア大聖堂

サンタ・エウラリア大聖堂
★★★★★ · 大聖堂 · Pla de la Seu, s/n
東京品川 「スペインバル モン・テルセーロ」 スペイン料理セット 7種 計10個 SK1629 プレゼント 食べ物 食品 総菜 惣菜 詰め合わせ お取り寄せ 特産 手土産 お祝い おすすめ 贈答品 内祝い 退職祝い お取り寄せグルメ 冷凍食品 実用的 ギフト 送料無料 バレンタイン 2021価格:10,800円
(2021/2/15 22:00時点)
感想(0件)

==================================================

1. 「サンタ・エウラリアとは?」

カテドラルの地下霊廟に眠る少女エウラリア

バルセロナの守護聖人として崇められている「サンタ・エウラリア」

「サンタ・エウラリア」とは、直訳すれば、「聖エウラリア」で、聖人エウラリアの意味です。

まずは、バルセロナのカテドラルと深く関わりのある「サンタ・エウラリア」について、お話をさせていただきたいと思います。

wikipedia サンタ・エウラリア

時はさかのぼり、290年、少女エウラリアは、ここバルセロナで生まれました。

その当時、バルセロナを牛耳っていたのは、ディオクレティアヌス帝。そのためバルセロナは、古代ローマの属州となっており、キリスト教徒たちに激しい弾圧を加えていました。

エウラリアは、キリスト教の信仰を捨てるのを拒み続けたために、ローマ人によって13の拷問を受けます。

それはどのような拷問だったかといえば・・・

例えば、ガラスの破片をたくさん詰めた靴を履かされ、通りを何往復もさせられたり、

内側に鋭いナイフを突き刺さした樽の中に押し込まれ、樽ごと通りを転がされたりしました。

または、X字の十字架に磔にされたり・・・と。

このような拷問は、ほんの一部にしかすぎず、もっともっとひどい仕打ちをうけたエウラリアは、最後には首を切られて、わずか13歳で殉死してしまいます。

以後、サンタ・エウラリアの像には、X字の十字架が添えられるようになりました。

そして、迫害し続けたローマ人に屈することなく、最後までキリスト教の信仰を守り通したエウラリアの遺体は、カテドラルへ埋葬され、以後、バルセロナの守護聖人として人々を見守っています。

さあ、それでは、サンタ・エウラリアゆかりの、カテドラルへと足を運んでみましょう。

最寄り駅は、地下鉄4号線の「ジャウマ・プリメ」から徒歩3~4分です。

スペイン木樽熟成3本セット深みとコクを楽しむ☆赤ワイン 3本飲み比べセットワイン 赤 赤ワイン ワインセット セット ギフト プレゼント 750ML価格:2,980円
(2021/2/15 22:00時点)
感想(1件)

2. 「ファサードの彫刻に込められたメッセージ」

◆目をみはる美しさのカテドラル正面の装飾と尖塔

カテドラル正面入り口

「わーーー!!すごいですね~!!」

繊細で美しい尖塔が、ほんとうに見事です!

これが、バルセロナのカテドラルです。

4世紀頃、このあたりには、すでにキリスト教が入ってきており、ここには最初小さな「バシリカ」とよばれる教会がたっていました。

その後、アフリカからムーア人とよばれるアラブ人たちが攻め入ってきて、教会は破壊されてしまうのですが、11世紀になると、バラ窓が美しいロマネスク様式の教会が再建されました。

現在のカテドラルは、13世紀の終わりに改修工事が加えられはじめ、完成したのは1450年です。

なんと150年もの歳月がかかっているんですよ。

ですから、もともとあった教会のロマネスク様式と、新たに加えられたゴシック様式が入り混じっているわけなんですね。

それでは、みなさま、ロマネスク様式とゴシック様式の違いは何だと思いますか?

簡単に見分ける方法をご案内いたしますと・・・・アーチの先が丸いものがロマネスク。反対に、アーチの先が尖っているのがゴシック様式です。

ここからみるカテドラルのファサードは、ゴシック様式そのものです!

天高く延びた尖塔と先のとがったアーチがそれを表していますね。

ファサードとは、フェースの意味で、「顔」。つまり、「正面」を表す言い方です。

教会建築では、よくこの言葉「ファサード」を使います。

ファサード

さて、このファサードの真ん中の一番高いところにある像にお気づきになられましたか?

さあ、よく目を凝らして見てください。

左手で聖十字架を持ち、右手で天を指している少女の像です。

おわかりですか?

この少女が、カテドラルに埋葬されている聖人「サンタ・エウラリア」です。

それでは、カテドラルの中に入ってみましょう。

男性は脱帽、男女共に短パン、ミニスカート、タンクトップなどの肌を露出した服装は禁止ですのでお気をつけください。

そして内部は静粛に!写真は、基本的には禁止です。

また、お祈りをしている人の邪魔にならないようにご注意くださいね。

【よりどり6本以上送料無料】 ビオンタ アルバリーニョ 2017 750ml 白ワイン スペイン shibazaki_VIO価格:1,848円
(2021/2/15 22:01時点)
感想(2件)

3. 「ゴシックの美しさを堪能!カテドラル内部」

◆カテドラル内部は「ラテン十字形」と呼ばれる建築様式

カテドラルに入ると、まずその大きさにびっくりします。

長さが93m、幅が40m、高さは28mもあるんですよ。

十字架のような形をしており、「ラテン十字形」と呼ばれる建築様式です。

このカテドラルは、二度に渡って建てなおされていますが、現在のゴシック様式のカテドラルは、13世紀の終わりから15世紀にかけて建設されたものです。

柱や天井を見上げてみてください。その見事な建築デザインに圧倒されてしまいますね。

そして色彩豊かなステンドグラスも、ほんとに素晴らしいです!一番古いステンドグラスは、14世紀から15世紀にかけてつくられたものです。

それでは、主祭壇まで進み、地下納骨堂を見にいってみましょう。

主祭壇

ストール ショール 大判 ブラック 象 ゾウ ポヘミア スペイン風 地中海風 民族風 幾何 模様 柄 総柄 マフラー スカーフ ロング レディース 女性 母の日価格:2,500円
(2021/2/15 22:01時点)
感想(0件)

4. 「少女が眠る地下納骨堂」

繊細で美しいゴシック様式の装飾が施された地下聖堂

主祭壇の地下にある聖堂の霊廟には、バルセロナの守護聖人となった幼い聖人が安置されています。

柵が閉められているので、中に入ることはできませんが、内部の様子をみることはできます。

柵の隙間越しに覗いてみてください。

地下聖堂の内部は、カタルーニャ・ゴシック様式とフランス・ゴシック様式を取り入れて造られました。

真ん中に霊廟が見えますね。

あそこに、幼くして殉死したサンタ・エウラリアが眠っているのです。

毎年2月14日の「サンタ・エウラリア」の日には、霊廟の門が開放されて、中に入ることができるので、多くの人々がお祈りに訪れます。

大聖堂や教会には、通常、このように聖人の遺体や舌やアゴなど、体の一部が埋葬されることが多いのですが、なぜだと思いますか?

それは・・

町が繁栄するように・・・という願いと、人々へ幸せを与えるためです。

さあ、それでは上へ戻り、見事な彫刻が施された聖歌隊席を見にいきましょう。

オノロ ベラ リオハ ヒル ファミリー エステーツ 750ml スペイン リオハ フルボディ テンプラニーリョ 赤ワイン 長S価格:1,397円
(2021/2/15 22:02時点)
感想(1件)

5. 「見事な彫刻の聖歌隊席」

聖歌隊席の繊細な彫刻とエウラリアの生涯

聖歌隊席

では、カテドラルの真ん中にある、「コロ」と呼ばれる聖歌隊席へ移動しましょう。

まずは、聖歌隊の入口に置かれている大理石外壁のレリーフをご覧ください。

これには、サンタ・エウラリアの受難が刻まれています。

左からご説明いたしますと・・・

まず、サンタ・エウラリアがこの一帯を統治していたローマ人に質問をしている場面。

次は、彼女がムチでたたかれている場面。

そして、火あぶりの様子。

最後は、十字架にかけられている場面です。

この聖歌隊席は、「コロ」と呼ばれ、壁に囲まれたエリアのこと。これはスペインのカテドラルにしかありません。

この素敵な「コロ」は、1459年にクワの木でつくられました。

ここは聖職者が座るところで、壁には金羊毛騎士団のメンバーの紋章が描かれています。

金羊毛騎士団とは、ヨーロッパの王様や女王のことです。

16世紀につくられたパイプ・オルガンも見逃せません。

普通、中世のパイプ・オルガンは、ドイツかオーストリア製でしたが、このパイプ・オルガンは、スペイン製で、めずらしい横パイプがついています。

それでは、カテドラルの隣にある中庭回廊へ出てみましょう。

送料無料 全て スペイン 産 赤 ワイン 12本 セット 金賞ワイン や オーガニック 入り価格:11,000円
(2021/2/15 22:02時点)
感想(2件)

6.「13羽のガチョウが遊ぶ中庭回廊」

◆のんびり遊ぶガチョウたちと面白い石棺の彫刻

この回廊の池には、13羽のガチョウが飼われています。

それは、エウラリアが、ガチョウの世話をしていたことと、13羽は彼女が13歳で殉教したことにちなんでいると言われています。

中庭には、ヤシの木、木蓮、西洋カリン、オレンジの木が植えられていて、角にある噴水の上にはカタルーニャの守護聖人であるサン・ジョルディの小さな彫刻が設置されています。

また、ここには共同組合のお墓があり、パン屋さん、仕立て屋さん、長靴屋さんなどのシンボルが石棺の上に彫刻されていますので、ご覧になってくださいね。

さあ、それでは、最後に展望台へ上ってみましょう。

7.「サンタ・エウラリアの像が、すぐそこに・・・」

展望台からの絶景とサンタ・エウラリアの像

有料ではありますが、屋上の展望台へ上ってみましょう。

カテドラル広場からみた、あのサンタ・エウラリアの像がぐっと目の前に近づいて見えます。

晴れていれば、サグラダ・ファミリアやモンジュイックの丘、遠く地中海の方まで見渡すことができますよ。

さて、ゴシック様式のもうひとつの特徴は、「ガーゴイル」と呼ばれる「雨どい」。

カテドラルの尖塔の下あたりから、外側に向かって飛び出している、動物のような彫刻。

たくさんありますので、ちょっと不気味な感じがしますが。

これは、架空の動物で、魔よけと雨どいの役割をしています。

大きく開けた口から雨水が流れていく仕組みなんです。

また一説によれば、この不気味な魔物を見た時に、心にやましいことがある人は、罪の意識を感じて教会の中へ入って懺悔をしようという気持ちになるんだとか・・。

そんなメッセージも込められているそうです。

展望台を下りてカテドラルの外へ出たら、よーくみて「ガーゴイル」をみつけてくださいね。

さあ、それでは、素晴らしい眺望とサンタ・エウラリアの像をあとにし、カテドラルの外へと出ていきましょう。

美しいバルセロナのカテドラル・・・

たった13歳で、断頭台の露へと消えていった少女のことも、少しだけ思い出してください。

スペイン 都市の詩学 [ 小阪知弘 ]価格:4,180円
(2021/2/15 22:04時点)
感想(0件)
オノロ ベラ オーガニック 2019 Honoro Vera Organic 赤ワイン スペイン あす楽 即日出荷 有機栽培 稲葉 あす楽 即日出荷価格:1,320円
(2021/2/15 22:05時点)
感想(2件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました